• 動きのしくみがわかる解動学入門(陰ヨガ・ハタヨガ)のご予約

「機能的に身体が使えるヨガ」を探求するYOGA BASE LABのホームページへようこそ

YOGA BASE LABは「機能的に身体が使えるヨガ」を探求します

「機能的な身体の使い方」って何だろう?

ヨガによるケガがクローズアップされている昨今、安全にポーズを行う方法が様々な視点から提案されています。ところが残念なことに、ポーズという結果に執着するあまり、そこに至るまでの私たちの身体の有り様や使い方は無視されていることが多いようです。

身体を動かすことは当然すぎて、「どのように動かすのか?」を具体的に考えることはほとんどないでしょう。
訓練の末に無意識に動けることが理想かもしれませんが、無意識とは本能的な習慣であり、「腰が痛い」などの不調や「ポーズを行っているときに違和感を感じる」「身体が硬い」といった悩みも、実はそこに起因することが多いのです。

身体の知識を身近なものとして多くの人に取り入れてもらいたい

そこで、YOGA BASE LABでは身体の使い方に着目。習慣とは違う動きを意識的にすることによって、身体が持っている本来の機能性を取り戻すことが問題を根本的に解決する方法だと考えました。

そして、習慣を意識的なものに変えるには身体に関する知識(解剖学)が必要となります。一般的に解剖学というと専門的で難しいと思われますが、実際に私たちの身体の中でこの瞬間にも起こっていることなので、本当はとても身近なものなのです。
YOGA BASE LABでは、解剖学やアレクサンダー・テクニークなどの理論に基づいた独自のメソッドを通じて、自分の身体についての理解を深め、機能的な身体の使い方を一人でも多くの人ができるようにお手伝いしています。

YOGA BASE LABとは

YOGA BASE LABはアレクサンダー・テクニークを学んでいるインストラクター山本あつことホタカミアによるヨガチーム。アレクサンダー・テクニークの理論を取り入れた「機能的に身体が使えるヨガ」の実践とスキルの普及を目的として、都内のレンタル施設などでヨガクラスやスキル養成のための短期講座を開催しています。
クラスや講座の開催は随時開催可能ですので、関心をお持ちのスタジオオーナーやインストラクターの皆さまはお問い合わせフォームよりご相談ください。

独自の3ステップメソッド

あつことミアがこれまでのヨガの経験とアレクサンダー・テクニークの学びを通して得た身体を機能的に使う手法を、知る→気づく→考えるという3つのステップから成るメソッドとして確立。理論と実践で身をもって習得します。

アレクサンダー・テクニークとは

朗誦家フレデリック・マサイアス・アレクサンダー(1869〜1955)が、舞台で声が擦れてしまうという自身の問題に取り組むことによって発見、確立した心身を調整する理論と実践法。世界的な哲学者であり、教育学者のジョン・デューイ(1859〜1952)がアレクサンダー本人からワークを受けて健康の問題を克服し、著作でアレクサンダー・テクニークについて言及したことから、その有意性が広く知られることとなりました。

解動学とは

解剖学+動作の分析という意味のYOGA BASE LABの造語で、身体を機能的に使うメソッドの基本となる知識です。アレクサンダー・テクニークの理論に基づいた独自の視点による解剖学と動作の分析についてを総合的・体系的に整理しました。あらゆる動作の基本を学べるので、不得意なヨガポーズや馴染みのないポーズでも応用して、臨機応変に対応する能力が培われます。

またYOGA BASE LABでは「解動学」の勉強の手助けとなることを願い、書き込み式テキスト「解動学ノート」を独自に制作、販売しております。興味のある方はヘッダーメニューのオンラインショップよりご購入いただけます。

主宰しているレギュラークラスや短期講座では、「解動学ノート」のほか、骨格模型も導入して初心者にもわかりやすく指導しているので、難しく考えずにご参加ください。

YOGA BASE LABの活動

レギュラークラスの開催

「動きのしくみがわかる解動学入門(陰ヨガ・ハタヨガ)」
「解動学」を簡単に紹介する座学と、座学の内容をヨガのシークエンスで体験するミニワークショップ形式で75分のクラスを毎月開催しています。

感染症拡大防止ガイドライン

  1. 前日までの完全予約制で、定員は5名までといたします。
  2. 風邪の諸症状および体調不良の兆候がある場合は、受講をお控えいただくようお願いいたします。
  3. 入り口前にある水道でのうがい・手洗いにご協力ください。
  4. 換気などの注意を払ってレッスンを行います。
  5. 講師は基本的にマスクを着用しますが、状況に応じて生徒さんにもマスクの着用をお願いいたします。
  6. 講師の体調不良の場合は休講とさせていただきますことをご了承ください。

短期講座の開催

「動きのしくみがわかる解動学集中コース(ベーシック・アドバンス)」
YOGA BASE LABが目指す「機能的に身体が使えるヨガ」の土台となる知識「解動学」と、知識をポーズに展開したときにどのように考えたり伝えたりするのかを集中的に学習できます。
ベーシック(12時間)とアドバンス(15時間)の2コースがあります。

ワークショップの開催

ポーズや身体の部位などのテーマ別に、「解動学」を学ぶ2時間の講座を月1回のペースで開催していました。
2020年からは状況を鑑み、ミニワークショップ形式のレギュラークラスがその代わりとなっております。
別途、テーマ別講座をご希望の方はお問い合わせフォームよりご相談ください。

情報の発信

InstagramなどのSNSを通して、機能的な身体の使い方やヨガのポーズにまつわるお悩み解決などの情報を発信しています。

コラムを連載しています

レギュラークラスの会場である銀座のハスヨガスタジオとのタイアップにより「ハスヨガマガジン」にて、あつことミアが交代でコラムを掲載しています。

ヨガの練習で耳にする「自分と向き合う」方法は?具体策3つ
Adobe Stock ヨガのレッスンに参加すると、ヨガインストラクターから「自分をジャッジしないで」などと言われると思いますが、具体的にはどうすれば良いのでしょうか。さらには「自分と向き合う時間です」と言わ…
ヨガレッスン時の誘導の定番「脱力して〜」言葉の落とし穴|ヨガインストラクター・スキルアップ
Adobe Stock 「余計な力を抜くこと」と「脱力」は同じではない 余計な力を抜くこと=脱力 だと認識しているヨガインストラクターが多いですが、根本的に身体の使い方が異なります。 「脱力」の…
立ち木のポーズの新しい指導方法!精神的な安心感はバランスポーズの安定感に繋がる|ヨガインストラクター・スキルアップ講座
Adobe Stock 立ち木のポーズは、苦手意識あるとそれが緊張となり、バランスが取りにくい身体の状態になっている場合が多いです。 苦手な人が多いのは、止まって前を向いているので、つい周りのの人を見て自分と…
やりたいことが見つからない?自分の「やりたい事」に気づくことができる3ステップ
Adobe Stock 確かに「やりたいことが見つからない」といったことはよく耳にしますが、実際のところは見つからないのではなく、気づいていないだけかもしれません。 漠然と「やりたいことは何だろう」と思案しても、堂…
ダウンドッグから戦士のポーズに移行する時に脚が持ち上がらない!2つの解決法
Adobe Stock ダウンドッグから片足を前に移動する時に、足(脚)が持ち上がらないといったお悩みをよく耳にします。筋力の問題ではなく、身体の使い方に原因があるのかもしれません。 下腹の筋肉、腸腰筋の筋力の問題で…

お問い合わせ

    タイトルとURLをコピーしました